67 Sessions  PREVNEXT

  • 第2会場
    A棟1階
    AN110
  • 第3会場
    A棟1階
    AC130
  • 第4会場
    A棟2階
    AN211
  • 第5会場
    A棟2階
    AN212
  • 第6会場
    A棟2階
    AC231
  • 第7会場
    A棟2階
    AC232
  • 第8会場
    A棟2階
    AS251
  • 第9会場
    A棟2階
    AC237
  • 第10会場
    A棟2階
    AS257
  • 第11会場
    A棟2階
    AN210
  • 第12会場
    A棟2階
    AC230
  • 第13会場
    A棟2階
    AN221
  • 第14会場
    A棟2階
    AN222
  • 第15会場
    A棟2階
    AC241
  • 第16会場
    A棟2階
    AC242
  • 第17会場
    A棟2階
    AS261
  • 第18会場
    A棟2階
    AS262
  • 第19会場
    C棟2階
    C273
  • 第20会場
    C棟2階
    C274
  • 第21会場
    C棟2階
    C271
8:00 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00

09:30

大竹文雄{おおたけふみおOHTAKEFUMIO}|森知晴{もりともはるMORITOMOHARU}____[SL-001] 招待講演1
行動経済学がつなぐ心理学と経済学|1|1|-|ffb9dc____

SL-001

[SL-001] 招待講演1
行動経済学がつなぐ心理学と経済学

13:20

AxelCleeremans{CLEEREMANSAXEL}|温文{おんぶんWENWEN}____[SL-002] 招待講演2
Consciousness as something that the brain learns to do|1|1|-|ffb9dc____

SL-002

[SL-002] 招待講演2
Consciousness as something that the brain learns to do

15:40

EugeneRaikhel{RAIKHELEUGENE}|澤野美智子{さわのみちこSAWANOMICHIKO}____[SL-003] 招待講演3
The anthropology of mental health and illness: epistemology, ethics, and politics|1|1|-|ffb9dc____

SL-003

[SL-003] 招待講演3
The anthropology of mental health and illness: epistemology, et...

09:30

太田信夫{おおたのぶおOHTANOBUO}|安藤清志{あんどうきよしANDOKIYOSHI}____[ITL-001] 国際賞講演1
記憶研究:この140年の推移―私流今昔物語―|1|1|-|e2c5ff____

ITL-001

[ITL-001] 国際賞講演1
記憶研究:この140年の推移―私流今昔物語―

13:20

小野史典{おのふみのりONOFUMINORI}|河原純一郎{かわはらじゅんいちろうKAWAHARAJUN-ICHIRO}____[ITL-002] 国際賞講演2
瞬間呈示事態における知覚の逆行現象|1|1|-|e2c5ff____

ITL-002

[ITL-002] 国際賞講演2
瞬間呈示事態における知覚の逆行現象

13:20

吉江路子{よしえみちこYOSHIEMICHIKO}|繁桝算男{しげますかずおSHIGEMASUKAZUO}____[ITL-003] 国際賞講演3
感情が運動行為に与える影響|1|1|-|e2c5ff____

ITL-003

[ITL-003] 国際賞講演3
感情が運動行為に与える影響

15:40

荒川礼行{あらかわひろゆきARAKAWAHIROYUKI}|辻敬一郎{つじけいいちろうTSUJIKEIICHIRO}____[ITL-004] 国際賞講演4
げっ歯類モデルを用いた向社会行動を制御する神経回路の検討:心理学から行動神経科学へ|1|1|-|e2c5ff____

ITL-004

[ITL-004] 国際賞講演4
げっ歯類モデルを用いた向社会行動を制御する...

09:30

日本心理学会若手の会{にほんしんりがっかいわかてのかいJPAEARLYCAREERPSYCHOLOGISTNETWORKWAKATENOKAI}____[JPAS-001] 日本心理学会企画シンポジウム1
若手のワンショット発表会と学部生・高校生プレゼンバトル|1|1|-|71ffff____

JPAS-001

[JPAS-001] 日本心理学会企画シンポジウム1
若手のワンショット発表会と学部生・高校生プレゼンバトル

09:30

法と心理学会・日本心理学会連携企画{ほうとしんりがっかいJAPANESESOCIETYFORLAWANDPSYCHOLOGY}|仲真紀子{なかまきこNAKAMAKIKO}|京明#{きょうあきらKYOAKIRA}|ウォルシュデイヴ#{うぉるしゅでいゔWALSHDAVE}|エリストーマス#{えりすとーますELLISTHOMAS}|サチェルリアム#{さちぇるりあむSATCHELLLIAM}|ブルックスグラハム#{ぶるっくすぐらはむBROOKSGRAHAM}|広瀬健二#{ひろせけんじHIROSEKENJI}|ハワードクリス#{はわーどくりすHAWARDCHRIS}|若林宏輔{わかばやしこうすけWAKABAYASHIKOSUKE}____[IS-001] 大会準備委員会企画シンポジウム1
供述弱者から話を聴く-被疑者,被害者,目撃者に対する日英の取組|1|1|-|8bff8b|1____

IS-001

[IS-001] 大会準備委員会企画シンポジウム1
供述弱者から話を聴く-被疑者,被害者,目撃者に対する日英の取組

09:30

川野健治{かわのけんじKAWANOKENJI}|溝上慎一#{みぞかみしんいちMIZOKAMISHINICHI}|入交享子#{いりまじりきょうこIRIMAJIRIKYOKO}|鹿毛雅治{かげまさはるKAGEMASAHARU}____[IS-002] 大会準備委員会企画シンポジウム2
地域を探求する生徒―アクティブラーニングの現在地を越えて|1|1|-|8bff8b|1____

IS-004

[IS-002] 大会準備委員会企画シンポジウム2
地域を探求する生徒―アクティブラーニングの現在地を越えて

13:20

澤野美智子{さわのみちこSAWANOMICHIKO}|横谷謙次{よこたにけんじYOKOTANIKENJI}|横光健吾{よこみつけんごYOKOMITSUKENGO}|飯嶋秀治#{いいじまひではるIIJIMASYUJI}____[IS-003] 大会準備委員会企画シンポジウム3
アディクションをめぐる論理と実践―心理学と医療人類学のまなざしをつなぐ|1|1|-|8bff8b|1____

IS-003

[IS-003] 大会準備委員会企画シンポジウム3
アディクションをめぐる論理と実践―心理学と医療人類学のまなざしをつなぐ

13:20

川野健治{かわのけんじKAWANOKENJI}|入交享子#{いりまじりきょうこIRIMAJIRIKYOKO}____[IS-004] 大会準備委員会企画シンポジウム4
地域のアクティブラーニング―茨木高校家庭科の挑戦|1|1|-|8bff8b|1____

IS-002

[IS-004] 大会準備委員会企画シンポジウム4
地域のアクティブラーニング―茨木高校家庭科の挑戦

15:40

林勇吾{はやしゆうごHAYASHIYUGO}|山本博樹{やまもとひろきYAMAMOTOHIROKI}|藤本学{ふじもとまなぶFUJIMOTOMANABU}|白水始{しろうずはじめSHIROUZUHAJIME}|深谷達史{ふかやたつしFUKAYATATSUSHI}|市川伸一{いちかわしんいちICHIKAWASHINICHI}____[IS-005] 大会準備委員会企画シンポジウム5
本当に協調的なインタラクションは学びを支援するのか?|1|1|-|8bff8b|1____

IS-005

[IS-005] 大会準備委員会企画シンポジウム5
本当に協調的なインタラクションは学びを支援するのか?

15:40

森岡正芳{もりおかまさよしMORIOKAMASAYOSHI}|丹野義彦{たんのよしひこTANNOYOSHIHIKO}|村瀬嘉代子#{むらせかよこMURASEKAYOKO}|武藤崇{むとうたかしMUTOTAKASHI}|箱田裕司{はこだゆうじHAKODAYUJI}|津田彰{つだあきらTSUDAAKIRA}|横田正夫{よこたまさおYOKOTAMASAO}____[IS-006] 大会準備委員会企画シンポジウム6
公認心理師への期待と今後の展望|1|1|-|8bff8b|1____

IS-006

[IS-006] 大会準備委員会企画シンポジウム6
公認心理師への期待と今後の展望

09:30

野田昇太{のだしょうたNODASHOTA}|大川翔#{おおかわしょうOKAWASHO}|荒井穂菜美{あらいほなみARAIHONAMI}|渡邉美紀子{わたなべみきこWATANABEMIKIKO}|中尾睦宏#{なかおむつひろNAKAOMUTSUHIRO}|城月健太郎{しろつきけんたろうSHIROTSUKIKENTARO}____[SS-001] 公募シンポジウム1
社交不安症に対する認知行動療法(CBT)の新たな治療戦略|1|1|-|ffffb7____

SS-001

[SS-001] 公募シンポジウム1
社交不安症に対する認知行動療法(CBT)の新たな治療戦略

09:30

今田純雄{いまだすみおIMADASUMIO}|和田有史{わだゆうじWADAYUJI}|本田秀仁{ほんだひでひとHONDAHIDEHITO}|RubyMatthew#{MATTHEWRUBY}|神宮英夫{じんぐうひでおJINGUHIDEO}|一言英文{ひとことひでふみHITOKOTOHIDEFUMI}|古満伊里{ふるみついさとFURUMITSUISATO}____[SS-002] 公募シンポジウム2
Why we eat what we eat:食の行動科学|1|1|-|ffffb7____

SS-002

[SS-002] 公募シンポジウム2
Why we eat what we eat:食の行動科学

09:30

伊藤大幸{いとうひろゆきITOHIROYUKI}|谷伊織{たにいおりTANIIORI}|行廣隆次{ゆきひろりょうじYUKIHIRORYOJI}|坪田祐基{つぼたゆうきTSUBOTAYUKI}|高田佳輔{たかだけいすけTAKADAKEISUKE}|村上隆{むらかみたかしMURAKAMITAKASHI}|平島太郎{ひらしまたろうHIRASHIMATARO}____[SS-003] 公募シンポジウム3
心理学研究における構造方程式モデリング(SEM)の役割とピットフォール(2)|1|1|-|ffffb7____

SS-003

[SS-003] 公募シンポジウム3
心理学研究における構造方程式モデリング(SEM)の役割とピットフォール(2)

09:30

ヒューマンインタフェース学会,理化学研究所・日本心理学会連携企画{ひゅーまんいんたふぇーすHUMANINTERFACESOCIETYRIKEN}|羽渕由子{はぶちよしこHABUCHIYOSHIKO}|福住伸一#{ふくずみしんいちFUKUZUMISHIN-ICHI}|武田英明#{たけだひであきTAKEDAHIDEAKI}|角田篤泰#{かくたとくやすKAKUTATOKUYASU}|佐倉統#{さくらおさむSAKURAOSAMU}|原田悦子{はらだえつこHARADAETSUKO}____[SS-004] 公募シンポジウム4
科学技術と社会:人工知能の社会受容性と研究者の役割を中心に|1|1|-|ffffb7____

SS-004

[SS-004] 公募シンポジウム4
科学技術と社会:人工知能の社会受容性と研究者の役割を中心に

09:30

日本感情心理学会・日本心理学会連携企画{にほんJAPANSOCIETYFORRESEARCHONEMOTIONS}|内山伊知郎{うちやまいちろうUCHIYAMAICHIRO}|有光興記{ありみつこうきARIMITSUKOHKI}|武藤世良{むとうせらMUTOSERA}|中村真{なかむらまことNAKAMURAMAKOTO}|鈴木直人{すずきなおとSUZUKINAOTO}|樋口匡貴{ひぐちまさたかHIGUCHIMASATAKA}____[SS-005] 公募シンポジウム5
感情研究の広がりと深さ|1|1|-|ffffb7____

SS-005

[SS-005] 公募シンポジウム5
感情研究の広がりと深さ

09:30

吉岡昌子{よしおかまさこYOSHIOKAMASAKO}|樋口義治{ひぐちよしはるHIGUCHIYOSHIHARU}|上峯篤史#{うえみねあつしUEMINEATSUSHI}|澤柿教淳#{さわがききょうじゅんSAWAGAKIKYOJUN}|坂上貴之{さかがみたかゆきSAKAGAMITAKAYUKI}____[SS-006] 公募シンポジウム6
知性の進化と技術の創出:先史と現代をつなぐ学習心理学的分析|1|1|-|ffffb7____

SS-006

[SS-006] 公募シンポジウム6
知性の進化と技術の創出:先史と現代をつなぐ学習心理学的分析

09:30

大上渉{おおうえわたるOUEWATARU}|越智啓太{おちけいたOCHIKEITA}|入山茂{いりやましげるIRIYAMASHIGERU}|横田賀英子{よこたかえこYOKOTAKAEKO}|松本昇{まつもとのぼるMATSUMOTONOBORU}____[SS-007] 公募シンポジウム7
テロリズムに対して心理学は何ができるのか(4)|1|1|-|ffffb7____

SS-007

[SS-007] 公募シンポジウム7
テロリズムに対して心理学は何ができるのか(4)

09:30

押山千秋{おしやまちあきOSHIYAMACHIAKI}|柿崎次子#{かきざきつぎこKAKIZAKITSUGIKO}|二俣泉#{ふたまたいずみFUTAMATAIZUMI}|坂爪一幸{さかつめかずゆきSAKATSUMEKAZUYUKI}|佐々木和義{ささきかずよしSASAKIKAZUYOSHI}|木村裕{きむらひろしKIMURAHIROSHI}____[SS-008] 公募シンポジウム8
障害児・者への音楽を利用した介入を考える|1|1|-|ffffb7____

SS-008

[SS-008] 公募シンポジウム8
障害児・者への音楽を利用した介入を考える

09:30

野村理朗{のむらみちおNOMURAMICHIO}|嶋田総太郎#{しまだそうたろうSHIMADASOTARO}|高橋英之#{たかはしひでゆきTAKAHASHIHIDEYUKI}|田中美吏#{たなかよしふみTANAKAYOSHIFUMI}|佐藤徳{さとうあつしSATOATSUSHI}____[SS-009] 公募シンポジウム9
「無心」の心理学 2|1|1|-|ffffb7____

SS-009

[SS-009] 公募シンポジウム9
「無心」の心理学 2

09:30

渡部諭{わたなべさとしWATANABESATOSHI}|澁谷泰秀#{しぶたにひろひでSHIBUTANIHIROHIDE}|大工泰裕{だいくやすひろDAIKUYASUHIRO}|島田貴仁{しまだたかひとSHIMADATAKAHITO}|鈴木護{すずきまもるSUZUKIMAMORU}____[SS-010] 公募シンポジウム10
詐欺抵抗力に関する諸問題の検討|1|1|-|ffffb7____

SS-010

[SS-010] 公募シンポジウム10
詐欺抵抗力に関する諸問題の検討

09:30

越川房子{こしかわふさこKOSHIKAWAFUSAKO}|牟田季純{むたとしずみMUTATOSHIZUMI}|岡浩太郎#{おかこうたろうOKAKOTARO}|加藤総夫#{かとうふさおKATOFUSAO}|仙波恵美子#{せんばえみこSENBAEMIKO}|伊藤悦朗#{いとうえつろうITOETSURO}____[SS-011] 公募シンポジウム11
慢性痛の心理生物学的基盤|1|1|-|ffffb7____

SS-011

[SS-011] 公募シンポジウム11
慢性痛の心理生物学的基盤

09:30

漆原宏次{うるしはらこうじURUSHIHARAKOUJI}|中島定彦{なかじまさだひこNAKAJIMASADAHIKO}|永石高敏{ながいしたかとしNAGAISHITAKATOSHI}|丹野貴行{たんのたかゆきTANNOTAKAYUKI}|後藤和宏{ごとうかずひろGOTOKAZUHIRO}____[SS-012] 公募シンポジウム12
連合学習における刺激競合をめぐって|1|1|-|ffffb7____

SS-012

[SS-012] 公募シンポジウム12
連合学習における刺激競合をめぐって

13:20

日本行動科学学会・日本心理学会連携企画{にほんJAPANESEASSOCIATIONOFBEHAVIORALSCIENCE}|田中芳幸{たなかよしゆきTANAKAYOSHIYUKI}|髙瀨堅吉{たかせけんきちTAKASEKENKICHI}|大平英樹{おおひらひできOHIRAHIDEKI}|中田光紀{なかたあきのりNAKATAAKINORI}|津田彰{つだあきらTSUDAAKIRA}|坂田省吾{さかたしょうごSAKATASHOGO}|岡村尚昌{おかむらひさよしOKAMURAHISAYOSHI}____[SS-013] 公募シンポジウム13
免疫系の行動科学・心理学|1|1|-|ffffb7____

SS-013

[SS-013] 公募シンポジウム13
免疫系の行動科学・心理学

13:20

喜入暁{きいれさとるKIIRESATORU}|増井啓太{ますいけいたMASUIKEITA}|徳増雄大#{とくますゆうだいTOKUMASUYUDAI}|日永田智絵#{ひえいだちえHIEIDACHIE}|杉浦義典{すぎうらよしのりSUGIURAYOSHINORI}____[SS-014] 公募シンポジウム14
共感性の基盤,性質,実装―進化×心理×人工知能―|1|1|-|ffffb7____

SS-014

[SS-014] 公募シンポジウム14
共感性の基盤,性質,実装―進化×心理×人工知能―

13:20

山崎勝之{やまさきかつゆきYAMASAKIKATSUYUKI}|増田真也{ますだしんやMASUDASHINYA}|谷伊織{たにいおりTANIIORI}|横嶋敬行{よこしまたかゆきYOKOSHIMATAKAYUKI}|有光興記{ありみつこうきARIMITSUKOHKI}|佐藤豪{さとうすぐるSATOSUGURU}|内田香奈子{うちだかなこUCHIDAKANAKO}____[SS-015] 公募シンポジウム15
パーソナリティ研究の迷い道―何を,どう測り,どう役立てるのか?―|1|1|-|ffffb7____

SS-015

[SS-015] 公募シンポジウム15
パーソナリティ研究の迷い道―何を,どう測り,どう役立てるのか?―

13:20

河野哲也{こうのてつやKONOTETSUYA}|ジョナサンコール#{じょなさんこーるCOLEJONATHAN}|山口真美{やまぐちまさみYAMAGUCHIK.MASAMI}|稲原美苗#{いなはらみなえINAHARAMINAE}|ぺキットマイケル・ギラン#{ぺきっとまいけるPECKITTMICHAELGILLAN}____[SS-016] 公募シンポジウム16
顔認知の発達と障害と|1|1|-|ffffb7____

SS-016

[SS-016] 公募シンポジウム16
顔認知の発達と障害と

13:20

日本心理学諸学会連合・日本心理学会連携企画{にほんJAPANESEUNIONOFPSYCHOLOGICALASSOCIATIONS}|小林剛史{こばやしたけふみKOBAYASHITAKEFUMI}|藤田主一{ふじたしゅいちFUJITASHUICHI}|大坊郁夫{だいぼういくおDAIBOIKUO}|小野瀬雅人{おのせONOSEMASATO}|堀毛一也{ほりけHORIKEKAZUYA}|沢宮容子{さわみやSAWAMIYAYOKO}|太田信夫{おおたのぶおOHTANOBUO}|秋山学{あきやままなぶAKIYAMAMANABU}|茂本由紀{しげもとゆきSHIGEMOTOYUKI}|横田正夫{よこたまさおYOKOTAMASAO}____[SS-017] 公募シンポジウム17
大学の心理学教育に活かす心理学検定の役割|1|1|-|ffffb7____

SS-017

[SS-017] 公募シンポジウム17
大学の心理学教育に活かす心理学検定の役割

13:20

山本渉太{やまもとしょうたYAMAMOTOSHOTA}|上宮愛{うえみやあいUEMIYAAI}|渡邉和美{わたなべかずみWATANABEKAZUMI}|横田賀英子{よこたかえこYOKOTAKAEKO}|越智啓太{おちけいたOCHIKEITA}|米田英嗣{こめだひでつぐKOMEDAHIDETSUGU}____[SS-018] 公募シンポジウム18
脆弱な被面接者に対する捜査面接|1|1|-|ffffb7____

SS-018

[SS-018] 公募シンポジウム18
脆弱な被面接者に対する捜査面接

13:20

土肥伊都子{どひいつこDOHIITSUKO}|永久ひさ子{ながひさひさこNAGAHISAHISAKO}|大野祥子{おおのさちこOHNOSACHIKO}|若尾良徳{わかおよしのりWAKAOYOSHINORI}|安達智子{あだちともこADACHITOMOKO}|金井篤子{かないあつこKANAIATSUKO}____[SS-019] 公募シンポジウム19
大学全入時代のキャリア教育~ジェンダーの視点からの検討|1|1|-|ffffb7____

SS-019

[SS-019] 公募シンポジウム19
大学全入時代のキャリア教育~ジェンダーの視点からの検討

13:20

佐々木正晴{ささきまさはるSASAKIMASAHARU}|佐藤佑介{さとうゆうすけSATOYUSUKE}|丹沢勉#{たんざわつとむTANZAWATSUTOMU}|下田雄二#{しもだゆうじSHIMODAYUJI}|鳥居修晃{とりいしゅうこうTORIISHUKO}____[SS-020] 公募シンポジウム20
スポーツの眼,ロボットの眼,武術の眼(2)―視点の行き場・置き場が動作の成否を決める?|1|1|-|ffffb7____

SS-020

[SS-020] 公募シンポジウム20
スポーツの眼,ロボットの眼,武術の眼(2)―視点の行き場・置き場が動作の成否を決める?

13:20

皆川直凡{みながわなおひろMINAGAWANAOHIRO}|佐藤手織{さとうたおりSATOTAORI}|島井哲志{しまいさとしSHIMAISATOSHI}____[SS-021] 公募シンポジウム21
俳句の「詠み」を通した自己との対話がもたらす心理的効果について|1|1|-|ffffb7____

SS-021

[SS-021] 公募シンポジウム21
俳句の「詠み」を通した自己との対話がもたらす心理的効果について

13:20

杉本光{すぎもとひかるSUGIMOTOHIKARU}|三浦直樹#{みうらなおきMIURANAOKI}|菅原翔#{すがわらしょうSUGAWARASHO}|本谷亮#{もとやりょうMOTOYARYO}|川越敏和{かわごえとしかずKAWAGOETOSHIKAZU}____[SS-022] 公募シンポジウム22
動機づけが認知や運動に与える影響とその脳内機構|1|1|-|ffffb7____

SS-022

[SS-022] 公募シンポジウム22
動機づけが認知や運動に与える影響とその脳内機構

13:20

小山慎一{こやましんいちKOYAMASHINICHI}|緑川晶{みどりかわあきらMIDORIKAWAAKIRA}|小森憲治郎{こもりけんじろうKOMORIKENJIRO}|GOMA#{GOMA}|川畑秀明{かわばたひであきKAWABATAHIDEAKI}____[SS-023] 公募シンポジウム23
創造性の神経心理学|1|1|-|ffffb7____

SS-023

[SS-023] 公募シンポジウム23
創造性の神経心理学

13:20

杉浦元亮{すぎうらもとあきSUGIURAMOTOAKI}|樋田浩一#{といだこういちTOIDAKOICHI}|岩田沙恵子{いわたさえこIWATASAEKO}|蓬田幸人#{よもぎたゆきひとYOMOGITAYUKIHITO}|増本康平{ますもとこうへいMASUMOTOKOUHEI}|一川誠{いちかわまことICHIKAWAMAKOTO}____[SS-024] 公募シンポジウム24
『今』を意味づけるもの|1|1|-|ffffb7____

SS-024

[SS-024] 公募シンポジウム24
『今』を意味づけるもの

13:20

星野悦子{ほしのえつこHOSHINOETSUKO}|佐藤典子{さとうのりこSATONORIKO}|池上真平{いけがみしんぺいIKEGAMISHIMPEI}|生駒忍{いこましのぶIKOMASHINOBU}|森数馬{もりかずまMORIKAZUMA}|山崎晃男{やまさきてるおYAMASAKITERUO}|羽藤律{はとうただすHATOHTADASU}|宮澤史穂{みやざわしほMIYAZAWASHIHO}____[SS-025] 公募シンポジウム25
なぜ人は音楽を聴くのか?:音楽聴取の心理的機能を探る|1|1|-|ffffb7____

SS-025

[SS-025] 公募シンポジウム25
なぜ人は音楽を聴くのか?:音楽聴取の心理的機能を探る

15:40

榎木宏之{えのきひろゆきENOKIHIROYUKI}|友野隆成{とものたかなりTOMONOTAKANARI}|西村佐彩子{にしむらさやこNISHIMURASAYAKO}|岩滿優美{いわみつゆうみIWAMITSUYUMI}|三浦佳世{みうらかよMIURAKAYO}____[SS-026] 公募シンポジウム26
われわれは“曖昧な世界”にいかに向き合うのか?3―曖昧さ研究の新たな展開をめざして―|1|1|-|ffffb7____

SS-026

[SS-026] 公募シンポジウム26
われわれは“曖昧な世界”にいかに向き合うのか?3―曖昧さ研究の新たな展開をめざして―

15:40

杉山崇{すぎやまたかしSUGIYAMATAKASHI}|山蔦圭輔{やまつたけいすけYAMATSUTAKEISUKE}|山本哲也{やまもとてつやYAMAMOTOTETSUYA}|坂本真士{さかもとしんじSAKAMOTOSHINJI}|福島哲夫{ふくしまてつおFUKUSHIMATETSUO}____[SS-027] 公募シンポジウム27
心理科学と心理支援をつなぐ―心理学の基礎と臨床をつなぐシンポジウム|1|1|-|ffffb7____

SS-027

[SS-027] 公募シンポジウム27
心理科学と心理支援をつなぐ―心理学の基礎と臨床をつなぐシンポジウム

15:40

樫原潤{かしはらじゅんKASHIHARAJUN}|市川玲子{いちかわれいこICHIKAWAREIKO}|竹林由武{たけばやしよしたけTAKEBAYASHIYOSHITAKE}|宇佐美慧{うさみさとしUSAMISATOSHI}____[SS-028] 公募シンポジウム28
あなたは「伝えるための心理統計」を実践できていますか?―著者・査読者・編集者に向けた諸提言―|1|1|-|ffffb7____

SS-028

[SS-028] 公募シンポジウム28
あなたは「伝えるための心理統計」を実践できていますか?―著者・査読者・編集者に向けた諸提言―

15:40

佐々木恵{ささきめぐみSASAKIMEGUMI}|乳原彩香#{うばらあやかUBARAAYAKA}|アレクサンダーローゼンタール#{あれくさんだーろーぜんたーるALEXANDERROZENTAL}|松見淳子{まつみじゅんこMATSUMI-TANAKAJUNKO}____[SS-029] 公募シンポジウム29
高等教育における学生支援(4):大学生の先延ばし行動とメンタルヘルス|1|1|-|ffffb7____

SS-029

[SS-029] 公募シンポジウム29
高等教育における学生支援(4):大学生の先延ばし行動とメンタルヘルス

15:40

小杉考司{こすぎこうじKOSUGIKOJI}|豊田秀樹{とよだひできTOYODAHIDEKI}|吉田寿夫{よしだとしおYOSHIDATOSHIO}|山田剛史{やまだつよしYAMADATSUYOSHI}|村井潤一郎{むらいじゅんいちろうMURAIJUNICHIRO}|村本由紀子{むらもとゆきこMURAMOTOYUKIKO}|南風原朝和{はえばらともかずHAEBARATOMOKAZU}____[SS-030] 公募シンポジウム30
心理統計で何を教えるべきか―頻度主義・ベイズ主義の対立を超えて―|1|1|-|ffffb7____

SS-030

[SS-030] 公募シンポジウム30
心理統計で何を教えるべきか―頻度主義・ベイズ主義の対立を超えて―

15:40

高橋綾子{たかはしあやこTAKAHASHIAYAKO}|桐生正幸{きりうまさゆきKIRIUMASAYUKI}|家島明彦{いえしまあきひこIESHIMAAKIHIKO}|藤井修平#{ふじいしゅうへいFUJIISHUHEI}|池田鮎美{いけだあゆみIKEDAAYUMI}|山田祐樹{やまだゆうきYAMADAYUKI}|西田公昭{にしだきみあきNISHIDAKIMIAKI}____[SS-031] 公募シンポジウム31
妖怪心理学 第四話「妖怪とその周辺」|1|1|-|ffffb7____

SS-031

[SS-031] 公募シンポジウム31
妖怪心理学 第四話「妖怪とその周辺」

15:40

明和政子{みょうわまさこMYOWAMASAKO}|新屋裕太{しんやゆうたSHINYAYUTA}|松永倫子{まつながみちこMATSUNAGAMICHIKO}|國吉康夫#{くによしやすおKUNIYOSHIYASUO}|ロニーゲイヴァ#{ろにーげいゔぁGEVARONNY}____[SS-032] 公募シンポジウム32
ヒトの社会的認知の起源:胎児・新生児期の身体性と社会性発達|1|1|-|ffffb7____

SS-032

[SS-032] 公募シンポジウム32
ヒトの社会的認知の起源:胎児・新生児期の身体性と社会性発達

15:40

織田涼{おりたりょうORITARYO}|中村嘉宏{なかむらよしひろNAKAMURAYOSHIHIRO}|服部雅史{はっとりまさしHATTORIMASASI}|西田勇樹{にしだゆうきNISHIDAYUKI}|竹本千彰{たけもとちあきTAKEMOTOCHIAKI}|橋本麻里子#{はしもとまりこHASHIMOTOMARIKO}|高橋良斉#{たかはしよしひとTAKAHASHIYOSHIHITO}____[SS-033] 公募シンポジウム33
創造性を心理学研究と医療現場の知見から考える―意識・無意識,そして自発性―|1|1|-|ffffb7____

SS-033

[SS-033] 公募シンポジウム33
創造性を心理学研究と医療現場の知見から考える―意識・無意識,そして自発性―

15:40

中村真{なかむらまことNAKAMURAMAKOTO}|松尾朗子{まつおあきこMATSUOAKIKO}|岩佐和典{いわさかずのりIWASAKAZUNORI}|今田純雄{いまだすみおIMADASUMIO}____[SS-034] 公募シンポジウム34
嫌悪と排斥行動:道徳性との関連と問題への対応|1|1|-|ffffb7____

SS-034

[SS-034] 公募シンポジウム34
嫌悪と排斥行動:道徳性との関連と問題への対応

15:40

日高友郎{ひだかともおHIDAKATOMOO}|木戸彩恵{きどあやえKIDOAYAE}|辻内琢也#{つじうちたくやTSUJIUCHITAKUYA}|増田和高#{ますだかずたかMASUDAKAZUTAKA}|齋藤清二#{さいとうせいじSAITOSEIJI}|山口洋典{やまぐちひろのりYAMAGUCHIHIRONORI}____[SS-035] 公募シンポジウム35
震災経験の意味を考究することは被災者支援にどのようにつながるか?|1|1|-|ffffb7____

SS-035

[SS-035] 公募シンポジウム35
震災経験の意味を考究することは被災者支援にどのようにつながるか?

15:40

安田裕子{やすだゆうこYASUDAYUKO}|サトウタツヤ{さとうたつやSATOTATSUYA}|隅本雅友#{すみもとまさともSUMIMOTOMASATO}|斎藤進也#{さいとうしんやSAITOSHINYA}|川野健治{かわのけんじKAWANOKENJI}|宮下太陽{みやしたたいようMIYASHITATAIYO}|神崎真実{かんざきまみKANZAKIMAMI}____[SS-036] 公募シンポジウム36
未来志向のものづくり―質的なアプローチがなせること|1|1|-|ffffb7____

SS-036

[SS-036] 公募シンポジウム36
未来志向のものづくり―質的なアプローチがなせること

15:40

島田貴仁{しまだたかひとSHIMADATAKAHITO}|平伸二{ひらしんじHIRASHINJI}|原田章{はらだあきらHARADAAKIRA}|金政祐司{かねまさゆうじKANEMASAYUJI}|大久保智生#{おおくぼともおOHKUBOTOMOO}|樋口匡貴{ひぐちまさたかHIGUCHIMASATAKA}____[SS-037] 公募シンポジウム37
地域での犯罪予防:実務家との協働とオープンデータによる新たな教育研究の可能性(1)|1|1|-|ffffb7____

SS-037

[SS-037] 公募シンポジウム37
地域での犯罪予防:実務家との協働とオープンデータによる新たな教育研究の可能性(1)

15:40

温文{おんぶんWENWEN}|今水寛{いまみずひろしIMAMIZUHIROSHI}|LucieCharles#{CHARLESLUCIE}|BaruchEitam#{EITAMBARUCH}____[SS-038] 公募シンポジウム38
The role of sense of agency in explorative and exploitative actions|1|1|-|ffffb7____

SS-038

[SS-038] 公募シンポジウム38
The role of sense of agency in explorative and exploitativ...

15:40

佐藤徹男{さとうてつおSATOTETSUO}|渡部裕子#{わたべゆうこWATABEYUKO}|今井アキ#{いまいあきIMAIAKI}|安婷婷{あんてぃんてぃんANTINGTING}|葛西真記子#{かさいまきこKASAIMAKIKO}____[SS-039] 公募シンポジウム39
日本の文化を考慮した心理臨床と,日本に住む様々な文化背景を持つ人々への支援における文化的配慮とは?|1|1|-|ffffb7____

SS-039

[SS-039] 公募シンポジウム39
日本の文化を考慮した心理臨床と,日本に住む様々な文化背景を持つ人々への支援における文化的配慮とは?

15:40

山本晃輔{やまもとこうすけYAMAMOTOKOHSUKE}|槙洋一{まきよういちMAKIYOHICHI}|瀧川真也{たきがわしんやTAKIGAWASHINYA}|石井僚{いしいりょうISHIIRYO}|下島裕美{しもじまゆみSHIMOJIMAYUMI}|増本康平{ますもとこうへいMASUMOTOKOUHEI}|金城光{きんじょうひかりKINJOHIKARI}|上原泉{うえはらいずみUEHARAIZUMI}|清水寛之{しみずひろゆきSHIMIZUHIROYUKI}____[SS-040] 公募シンポジウム40
「思い出」を科学する―自伝的記憶研究の現在と未来3―|1|1|-|ffffb7____

SS-040

[SS-040] 公募シンポジウム40
「思い出」を科学する―自伝的記憶研究の現在と未来3―

09:30

小木曽加奈子{おぎそかなこOGISOKANAKO}|緒形明美#{おがたあけみOGATAAKEMI}|山下科子#{やましたしなこYAMASHITASHINAKO}____[TWS-001] チュートリアル・ワークショップ1
高齢者介護施設の現状とケア実践者の職務継続意向|1|1|-|ffb061____

TWS-001

[TWS-001] チュートリアル・ワークショップ1
高齢者介護施設の現状とケア実践者の職務継続意向

09:30

サトウタツヤ{さとうたつやSATOTATSUYA}|安田裕子{やすだゆうこYASUDAYUKO}____[TWS-002] チュートリアル・ワークショップ2
複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach: TEA)を学ぶ―理論編―|1|1|-|ffb061____

TWS-003

[TWS-002] チュートリアル・ワークショップ2
複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach: TEA)...

13:20

安田裕子{やすだゆうこYASUDAYUKO}|サトウタツヤ{さとうたつやSATOTATSUYA}____[TWS-003] チュートリアル・ワークショップ3
複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach: TEA)を学ぶ―実践編―|1|1|-|ffb061____

TWS-002

[TWS-003] チュートリアル・ワークショップ3
複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach: TEA)...

15:40

髙村真広{たかむらまさひろTAKAMURAMASAHIRO}|白川達也#{しらかわたつやSHIRAKAWATATSUYA}|片平健太郎{かたひらけんたろうKATAHIRAKENTARO}____[TWS-004] チュートリアル・ワークショップ004
機械学習と心理学との接点|1|1|-|ffb061____

TWS-004

[TWS-004] チュートリアル・ワークショップ004
機械学習と心理学との接点

11:50

佐藤友哉{さとうともやSATOTOMOYA}|嶋田洋徳{しまだひろのりSHIMADAHIRONORI}____[L-001] 小講演1
全般性の社交不安に対する関係フレーム理論からの再理解と認知行動療法的援助方法の検討|1|1|-|dad500____

L-001

[L-001] 小講演1
全般性の社交不安に対する関係フレーム理論からの再理...

11:50

渡邊寛{わたなべゆたかWATANABEYUTAKA}|松井豊{まついゆたかMATSUIYUTAKA}____[L-002] 小講演2
男性役割態度の多側面的検討:4領域モデルの提唱|1|1|-|dad500____

L-002

[L-002] 小講演2
男性役割態度の多側面的検討:4領域モデルの提唱

11:50

今福理博{いまふくまさひろIMAFUKUMASAHIRO}|明和政子{みょうわまさこMYOWAMASAKO}____[L-003] 小講演3
乳児期における言語発達のメカニズムと個人差|1|1|-|dad500____

L-003

[L-003] 小講演3
乳児期における言語発達のメカニズムと個人差

11:50

西田勇樹{にしだゆうきNISHIDAYUKI}|服部雅史{はっとりまさしHATTORIMASASI}____[L-004] 小講演4
洞察問題解決における無意識的過程に関する研究:プライミング法を用いた検討|1|1|-|dad500____

L-004

[L-004] 小講演4
洞察問題解決における無意識的過程に関する研究:プラ...

11:50

遠山朝子{とおやまあさこTOYAMAASAKO}|大平英樹{おおひらひできOHIRAHIDEKI}____[L-005] 小講演5
強化学習におけるモデルフリーシステムとモデルベースシステムの新たなアルゴリズム|1|1|-|dad500____

L-005

[L-005] 小講演5
強化学習におけるモデルフリーシステムとモデルベース...

11:50

中島実穂{なかじまみほNAKAJIMAMIHO}|丹野義彦{たんのよしひこTANNOYOSHIHIKO}____[L-006] 小講演6
自己洞察と抑うつ:「自分を分かっている」と感じることに意味はあるのか?|1|1|-|dad500____

L-006

[L-006] 小講演6
自己洞察と抑うつ:「自分を分かっている」と感じるこ...

11:50

向井秀文{むかいひでふみMUKAIHIDEFUMI}|杉浦義典{すぎうらよしのりSUGIURAYOSHINORI}____[L-007] 小講演7
考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した診断横断的なメタ認知モデルと介入|1|1|-|dad500____

L-007

[L-007] 小講演7
考え続ける義務感と反復思考の役割に注目した診断横断...

11:50

柳岡開地{やなおかかいちYANAOKAKAICHI}|齊藤智{さいとうさとるSAITOSATORU}____[L-008] 小講演8
幼児期におけるルーティンの獲得と実行機能の相補的関係の検討|1|1|-|dad500____

L-008

[L-008] 小講演8
幼児期におけるルーティンの獲得と実行機能の相補的関...

11:50

宮川裕基{みやがわゆうきMIYAGAWAYUKI}|谷口淳一{たにぐちじゅんいちTANIGUCHIJUNICHI}____[L-009] 小講演9
困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッションの可能性|1|1|-|dad500____

L-009

[L-009] 小講演9
困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッショ...

詳細検索