セッション

機能はオブジェクトの意味処理にどの程度寄与するのか?
Go-noGo課題を用いた処理時間の検討

[責任発表者] 太田 直斗:1
[連名発表者・登壇者] 厳島 行雄:2
1:日本大学, 2:日本大学

バランスのとれた時間的展望に影響する要因

[責任発表者] 槙 洋一:1
[連名発表者・登壇者] 川﨑 弥生:2
1:北海道大学, 2:大阪市立大学

馴染みのある複数の物をイメージ上で操作する能力の構造と,性差との関係

[責任発表者] 森本 琢:1
1:北海道大学

運動の不器用さが反応抑制に関わる事象関連電位成分に及ぼす影響

[責任発表者] 鈴木 浩太:1,2
[連名発表者・登壇者] 北 洋輔#:1,3, 白川 由佳#:1, 江頭 優佳#:1, 加賀 佳美#:1, 北村 柚葵#:1,4, 三橋 翔太#:1,4, 新垣 香菜#:1,4, 奥住 秀之:5, 稲垣 真澄#:1
1:国立精神・神経医療研究センター, 2:四天王寺大学, 3:ヘルシンキ大学, 4:東京学芸大学, 5:東京学芸大学

理学療法士、作業療法士におけるコミュニケーションスキル項目認知に関する逆転項目導入の影響

[責任発表者] 奥田 裕紀:1
1:金城大学

求心顔および遠心顔が男性の顔印象に及ぼす影響

[責任発表者] 髙木 幸子:1
[連名発表者・登壇者] 安田 孝:2
1:常磐大学, 2:松山東雲女子大学

観察距離および把持対象の違いによる手の幅の見積もりについて

[責任発表者] 多田 美香里:1
1:関西福祉科学大学

3種類の外見的印象は恋愛的関心の決定において潜在的に影響する

[責任発表者] 上田 竜平:1,2
[連名発表者・登壇者] 鈴木 真介#:3, 阿部 修士:4, オドーハティ ジョン#:5
1:情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 2:日本学術振興会, 3:東北大学学際科学フロンティア研究所, 4:京都大学こころの未来研究センター, 5:カリフォルニア工科大学

無視手がかりによる妨害刺激の能動的な抑制:事象関連電位による検討

[責任発表者] 川島 朋也:1
[連名発表者・登壇者] 松本 絵理子:2
1:脳情報通信融合研究センター(CiNet), 2:神戸大学

社会的勢力感が単純接触効果に及ぼす影響
刺激の分散-集中呈示に基づく検討

[責任発表者] 松田 憲:1
[連名発表者・登壇者] 杉森 絵里子:2, 楠見 孝:3
1:北九州市立大学, 2:早稲田大学, 3:京都大学

声の高さが話者のイメージに与える影響

[責任発表者] 永岡 琴美:1
1:京都文教大学

詳細検索