発表

1B-051

顔で人柄がわかると信じる人の顔特性推論は実際に正確か

[責任発表者] 鈴木 敦命:1
[連名発表者・登壇者] 江見 美果:2, 石川 健太:3, 小林 晃洋:3, 大久保 街亜:3, 中井 敏晴#:4
1:東京大学, 2:同志社大学, 3:専修大学, 4:名古屋工業大学


 目 的
 ヒトは他者の顔から種々の特性を自動的に推論する(以下,顔特性推論)とされるが(Willis & Todorov, 2006),個人差も少なくない(Hehman et al., 2017)。例えば,Suzuki et al. (2019a)は,顔からあらゆる特性を判断できると信じる程度を人相学的信念(以下,人相信念)と呼び,この信念が強い人ほど極端な顔特性推論をしやすい傾向を明らかにした。しかし,この研究では顔写真の人物の「真の特性」はわからなかったため,人相信念と顔特性推論の正確さとの関連は検討できていない。そこで,本研究では,Okubo et al. (2012)によって信頼性(協力的傾向)が測定された人物の顔写真を用いた実験をおこない,人相信念の高い人ほど実際に顔特性推論に長けているか否かを検討した。なお,同顔刺激セットを用いて高齢者が若年者よりも顔特性推論に優れるという結果を得たSuzuki et al. (2019b)を踏まえ,若年者と高齢者を参加者とした。

 方 法
 参加者 42名の若年者(男性21名;21〜38歳)と41名の高齢者(男性20名;60〜78歳)が実験に参加した。
 刺激 若年男性64名の白黒顔写真を使用した。彼らはOkubo et al. (2012)で信頼ゲームに取り組んだ参加者であり,パートナーからお金を託された時に返報する傾向が平均よりも高かった32名を協力的人物,低かった32名を利己的人物とそれぞれ定義した(Suzuki et al., 2019b)。
 手続き 参加者はQualtricsで作成された実験ウェブサイトにアクセスし,顔信頼性判断課題,人相信念尺度,5因子性格尺度の回答に順に取り組んだ。顔信頼性判断課題では,顔写真の人物がどの程度信頼できそうかを直感的印象で5件法評価することが求められた。協力的人物に対する信頼性評価の平均から利己的人物に対する同平均を引いた値を顔信頼性判断の正確さの指標(以下,正確さ得点)とした。人相信念尺度(Suzuki et al., 2019a)では,人相信念を記述した14個の文(例.「信頼できる人は顔を見ればわかる」)に自分の考えがどれくらい近いかを4件法評価することが求められた。14個の文に対する評価の平均を人相信念の強さの指標(以下,人相信念得点)とした。5因子性格尺度はここでの研究目的とは無関係であるため,説明を省略する。なお,本実験は第1発表者が名古屋大学在籍時に倫理審査を受けて実施された。

 結 果
 若年者と高齢者の間で顔信頼性判断の正確さ得点に有意な差はなかった(t(81) = -0.990, p = .325)。そこで,2群のデータをプールし,顔信頼性判断の正確さ得点と人相信念得点の相関を調べた結果,有意な正の相関が認められた(r = .385, t(81) = 3.751, p < .001)。この相関関係の頑健性

を探るため,Suzuki et al. (2019b)のデータにもとづいて顔刺激を低難易度顔(協力的人物か利己的人物かの識別正答率が高かった32枚の顔)と高難易度顔(同正答率が低かった32枚の顔)に分け,顔特性判断の正確さ得点を別々に計算して人相信念得点との相関を調べた。その結果,低難易度顔では正確さ得点と人相信念得点の間に有意な正の相関が認められたが(r = .450, t(81) = 4.539, p < .001),高難易度顔では相関は有意ではなく,負の値であった(r = -.158, t(81) = -1.440, p = .154)。

 考 察
 人相信念得点が顔信頼性判断の正確さ得点と有意な正の相関を示したという結果は,人相信念の高い人ほど実際に顔特性推論に長けていること,つまり,人相信念が自身の顔特性推論能力に関する正確なメタ認知の反映であることを示唆する。ただし,この相関関係は顔信頼性判断が容易な顔に限定されていた。こうした低難易度顔は,人々の間で共有されている信頼できる(できない)顔のステレオタイプ的イメージ(Oosterhof & Todorov, 2008)と実際の信頼性が一致した顔かもしれない。従って,人相信念の高い人が他の人々とは異なる顔手がかりを用いて信頼性判断をしているのか,あるいは,ステレオタイプに忠実な信頼性判断をしているだけであるのかを,今後の研究で明確にする必要がある。

 引用文献
 Hehman, E., et al. (2017). Journal of Personality and Social Psychology, 113, 513-529.
 Okubo, M., et al. (2012). Journal of Nonverbal Behavior, 36, 217-225.
 Oosterhof, N. N., & Todorov, A. (2008). Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 105, 11087-11092.
 Suzuki, A., et al. (2019a). Social Psychological and Personality Science, 10, 62-72.
 Suzuki, A., et al. (2019b). Neurobiology of Aging, 73, 1-8.
 Willis, J., & Todorov, A. (2006). Psychological Science, 17, 592-598.

キーワード
人相学的信念/顔からの信頼性判断/メタ認知


詳細検索