発表

SS-024

『今』を意味づけるもの

[企画代表者,司会者] 杉浦 元亮:1, [話題提供者] 樋田 浩一#:1, [話題提供者] 岩田 沙恵子:2, [話題提供者] 蓬田 幸人#:3, [指定討論者] 増本 康平:4, [指定討論者] 一川 誠:5
1:東北大学, 2:京都大学, 3:国立精神・神経医療研究センター, 4:神戸大学, 5:千葉大学

多くの人は「価値」ある「今」を生きたいと思っている。しかし,その「今」や「価値」とは一体何なのだろうか。人は脳の中で過去や未来をどう構築し,その中で「今」はどう生まれ,どう「意味づけ」されるのだろうか。これらの問題は知覚,記憶,社会といった異なる心理学・認知神経科学領域で個別に論じられてきたため,その基礎的・応用的重要性にもかかわらず統合的な議論の場は稀であった。本シンポジウムでは,異なる時間スケール,異なる領域で「今」と「価値」に迫る3名の新進気鋭の認知神経科学者から,これらが生まれる脳メカニズムについて最新の研究成果の話題提供を受ける。これに対する指定討論として,この問題にそれぞれ基礎的・応用的な問いかけを続けてきた2名の心理学者から議論を投げかけて頂く。「今」と「価値」の領域統合的議論は果たして可能か。そしてそのメカニズム的理解は,様々な社会的課題にどう応えるのだろうか。
詳細検索