発表

SS-022

動機づけが認知や運動に与える影響とその脳内機構

[企画代表者,話題提供者,司会者] 杉本 光:1, [話題提供者] 三浦 直樹#:2, [話題提供者] 菅原 翔#:3, [指定討論者] 本谷 亮#:4, [指定討論者] 川越 敏和:5
1:理化学研究所, 2:東北工業大学, 3:自然科学研究機構生理学研究所, 4:北海道医療大学, 5:立教大学

ヒトの動機づけは多種多様である。認知神経科学の分野では,課題遂行中の脳活動を可視化することで,動機づけがパフォーマンスに与える影響とその神経メカニズムについての理解が進んでいる。しかしながら,金銭的報酬や社会的報酬による動機づけや内発的動機づけのような異なる種類の動機づけにおいて,パフォーマンスへの影響とその脳内機構がどのような点で共通し,どのような点で異なっているかについては,必ずしも整理されていないのが現状である。本シンポジウムでは,金銭的報酬や社会的報酬による動機づけが運動技能に与える影響(生理研・菅原),社会的報酬に対する動機づけが記憶に与える影響(理研・杉本),内発的動機づけ(東北工業大・三浦)に関する脳機能画像研究の話題を提供する。その上で,基礎・応用分野の研究者からの指定討論を交えることで,様々な動機づけが認知や運動に与える影響とその脳内機構についての包括的な議論を展開する。
詳細検索