発表

SS-009

「無心」の心理学 2

[企画代表者,司会者] 野村 理朗:1, [話題提供者] 嶋田 総太郎#:2, [話題提供者] 高橋 英之#:3, [話題提供者] 田中 美吏#:4, [指定討論者] 佐藤 徳:5
1:京都大学, 2:明治大学, 3:大阪大学, 4:武庫川女子大学, 5:富山大学

古来より哲学,宗教,武道芸道等,多くの研究者や実践家の関心を惹きつけてやまない「無心」。その定義は一意的に定まるものではなく,多義的で,厚みのある曖昧性を有する。本シンポジウムは,この「無心」に着眼し,心理学の概念(マインドフルネス,自己感,ゾーン体験等)を援用し,その輪郭を描くことを試みる。とともに,ICT技術等による大容量のデータの瞬時の利用が可能となったことをふまえ,「無心」へといたる道筋はより一層多様化したと考えて,これを論ずる新たな枠組みを構築する。すなわち「無心」に関わる心理諸概念をロボット,AI,ヴァーチャルリアリティー等にリンクし,テクノロジーの功罪,可能性を詳らかにし,かかる無心の現れ(競技パフォーマンスの発揮等)までを視野に入れることにより,新しい無心像を描く。もって,これを転じ,「無心」の理解を深めることができれば幸いである。
詳細検索