発表

3B-013

心理学に対して抱かれるイメージと期待(6)
心理学イメージ尺度と心理学への印象評価との関連

[責任発表者] 高田 治樹:1
[連名発表者・登壇者] 小浜 駿:2
1:目白大学, 2:宇都宮共和大学

目的
 心理学へのイメージを測定するために,今まで様々な尺度が作成されている。作成された尺度は,(a)心理学がどのような内容の学問であるかを測定する尺度(岩﨑他, 2012; 泊, 2016)と,(b)心理学にどのような印象を抱いているかを測定する尺度(宮本, 1994; 吉田他, 1999)に大別される。小浜・高田(2018)と高田・小浜(2018)は,上記の心理学の内容についてのイメージ,期待,現実の3領域を測定する尺度を作成し,作成された尺度と外的基準との関連を検討している。
 しかし,心理学イメージを測定する尺度は,内容を測定する尺度と印象を評価する尺度との関連が検討されていない。また,心理学を専攻とする学生と心理学に期待を抱かない非心理専攻の学生によって,心理学への印象やイメージの違いについては検討されていない。そのため,本研究は,小浜・高田(2018)によって作成された心理学に対するイメージ・期待・現実を測定する尺度と心理学への印象評価との関連を,心理学専攻の有無を加えて,検討することを目的とする。

方法
調査時期・調査対象
 小浜・高田(2019)と同様に,大学生374名(心理専攻158名,非心理専攻178名)を調査対象とした。
調査内容
 (a) 心理学に対するイメージ,期待,評価 小浜・高田(2018)で作成された尺度を用いた。尺度は,a)大学入学以前に抱いていた心理学に対するイメージ(以下「イメージ」),b)大学入学時に心理学に期待していたこと(以下「期待」),c)実際に心理学を学んだときの評価(以下「現実」)の3種類について,「カウンセリング」,「オカルト」,「科学的」,「自己志向」,「社会志向」の5領域を26項目で測定を求めるものである。「1. あてはまらない」から「5. あてはまる」の5件法で回答を求めた。
 (b) 心理学への印象評価 心理学に対する印象評価について測定するために,宮本(1994)ならびに吉田他(1999)を参考に,「楽しい-つまらない」,「新しい-古い」,「やわらかい-かたい」などの14項目のSD形容詞について5件法で回答を求めた。
 (c)学部 心理学を専攻とする学部に所属するか否かについて回答を求めた。

結果と考察
 心理学への印象評価の因子分析 心理学への印象評価項目に対して,因子分析(最小二乗法, promax回転)を実施した。その結果,固有値の減退ならびにスクリープロットから2因子と解釈した。第一因子は,「親しみやすい-親しみにくい」,「快-不快」,「楽しい-つまらない」などの項目に因子負荷量が高かったため,「堅苦しい印象」と命名した。第二因子は,「粗野-繊細」(逆転),「有用な-不要な」,「良い-悪い」などの項目に因子負荷量が高かったため,「無駄な印象」と命名した。
 心理学イメージと心理学への印象評価との関連 イメージと現在の印象評価との相関分析を実施した結果,入学前のイメージと入学後の評価(現実)それぞれが,「堅苦しい印象」ならびに「無駄な印象」と有意な負の相関がみられた。
 次に,心理学に対する期待と現実が,心理学への印象評価に及ぼす影響を検討するために,階層的重回帰分析を実施した。階層的重回帰分析は,それぞれの印象評価を目的変数に,期待,現実,専攻(0=心理専攻, 1=非心理専攻)ならびにそれぞれの二次,三次の交互作用項を説明変数に投入した。結果をTable1に示す。
 まず,「堅苦しい印象」では,現実と専攻の交互作用項が有意であったため,単純傾斜の検定を実施した。その結果,心理専攻では,現実の得点が高いほど,「堅苦しい印象」が低かったが,非心理専攻では,現実と印象に関連は見られなかった。
一方で,「無駄な印象」では,オカルト・科学的・社会的志向の期待と専攻との交互作用項が有意であったため,それぞれの期待について単純傾斜の検定を実施した。その結果,心理専攻以外では,オカルトへの期待や科学的期待が高いほど,心理学を無駄であると感じていた。
 以上の結果から,心理専攻の学生は,入学後の心理学のイメージが,堅苦しさを低減していたが,心理専攻以外の学生は,心理学に対する期待が無駄なイメージと繋がっていた。

引用文献
岩崎智史・大橋恵・皆川順 (2012). 東京未来大学研究紀要, 5, 1-9.
宮本邦雄 (1994). 東海女子大学紀要, 14, 121-129.
泊真児 (2016). 沖縄国際大学人間福祉研究, 12, 1-19.
吉田俊和・橋本剛・安藤直樹・植村善太郎 (1999). 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要, 46, 75-98.

キーワード
心理学イメージ/心理学への期待/心理学への印象


詳細検索