発表

TWS-007

ポジティブ心理学的介入の実践と効果の計測のコツ

[講演者] 塩谷 亨:1, [講演者] 石原 眞澄:2
1:金沢工業大学, 2:国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター

ウェルビーイングの促進を目標とするポジティブ心理学的介入(PPI)には確立された多くの種類があり,わが国でも注目されつつある。このワークショップでは,2名の講師が大きく異なるPPIを行った経過と効果測定の概要を紹介する。塩谷は,市民や学生を対象としたTGT(Three Good Things)の実施方法を示し,石原は,高齢者を対象とした写真撮影やコラージュ制作,作品の相互評価を組み合わせた,独自の気分改善プログラムを紹介する(石原ら,2018)。確立された手法と独自のプログラムといった種類も対象者も異なるPPIの実際を検討し,PPIに関心を持つ参加者が,円滑な実施や対象に適したプログラムの開発のコツを議論できることを目指している。
詳細検索