発表

TWS-001

高齢者介護施設の現状とケア実践者の職務継続意向

[講演者] 小木曽 加奈子:1, [講演者] 緒形 明美#:2, [講演者] 山下 科子#:3
1:名城大学, 2:中部大学, 3:中部学院大学

高齢化率は上昇を続け,地域包括ケアシステムがすすめられてはいるが,さまざまな事由で高齢者介護施設に入所する高齢者も増加している。高齢者介護施設では,看護職と介護職が協働しながらケアを行うが,それぞれの職種の役割も変化しつつある。痰の吸引などの医療処置を介護職でも対応可能にする認定制度(喀痰吸引等研修)や認知症や看取りの対応などが求められ,看護職と介護職は戸惑いを感じながら職務を続けており,職務に対する心理的負担が職務継続意向に影響することも示唆されている。高齢者介護施設では,介護人材の定着と確保も課題となっており,本企画では,高齢者介護施設の現状とケア実践者の職務継続意向について検討をする。
詳細検索