発表

SS-088

ひとの目に映る自己

[企画] JAPSAS研究会・日本心理学会連携企画, [企画者,司会者] 福田 哲也:1, [話題提供者] 小島 弥生:2, [話題提供者] 鈴木 公啓:3, [話題提供者] 永房 典之:4, [話題提供者] 山田 幸恵:5, [指定討論者] 菅原 健介:6
1:聖カタリナ大学, 2:埼玉学園大学, 3:東京未来大学, 4:淑徳大学短期大学部, 5:東海大学, 6:聖心女子大学

人は,社会の中で他者と関わりながら生きている。他者と関わる中では,自分が他者からどのように見られているのか,また自分が他者からどのように思われたいのかといった意識は,切り離すことができない。このような他者から見られる自己に関する概念や研究テーマは数多く存在し,それらは研究を通して人の感情や認知,行動,あるいは適応に関わることが示されてきた。
本シンポジウムでは,こうした他者から見られる自己に着目し,各話題提供者は,社会心理学,パーソナリティ心理学,発達心理学・犯罪心理学,臨床心理学といった心理学の様々な領域から,関連する研究知見を紹介する。そして指定討論者やフロアを交え,他者から見られる自己に関する研究の現状および今後の研究の展開について討論を行う。
詳細検索