関 泰輔

共同演者

2018-05-24

血清シスタチンCは骨粗鬆症のバイオマーカーになりうるか ―地域住民検診における横断研究―

地域住民における血清シスタチンCとロコモ度リスクレベルの関係

地域住民検診におけるロコモテストは歩行速度およびTUGに相関する

ロコモティブシンドロームはフレイルより重心動揺を反映する

ロコモティブシンドロームと体成分分析との関連

特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドライン 診断のポイント

2018-05-26

術前canal bone ratio 0.49以上はSecur-Fit HAステムにおける3度以上stress shieldingの独立したリスクファクターである

寛骨臼回転骨切り術後の人工股関節全置換術では高頻度で寛骨臼の壁欠損を呈する

ロコモティブシンドロームとフレイルのQOLに与える影響の違い ―Yakumo study―

Ceramic on ceramic人工股関節はmetal on metal人工股関節より低摩耗でosteolysisの発生が少ない ―A 5-15 year follow-up study―

中高齢者における骨粗鬆症,変形性膝関節症,変形性腰椎症の併存率とQOLに与える影響 ―Yakumo study―

一般住民における肥満と脊椎変性の関連 ―BMIと体脂肪率の違いよりー

一般住民における腰椎骨盤形態とロコモティブシンドロームの関連 ―Yakumo study―

疼痛と膝関節・腰椎変性に関するロコモティブシンドロームとフレイルにおける相違

寛骨臼形成不全患者における股関節不安定性は変形性股関節症の進行に影響する

3 mm以上の大腿骨頭壊死の圧壊で股関節動作は有意に低下する ―JHEQによる大腿骨頭壊死に対するStage別の評価―

寛骨臼形成不全患者において,骨嚢胞が形成されているとその患者立脚型評価が低下する

5年後の筋量低下は予測可能か ―前向き縦断研究によるプレサルコペニアの検討(Yakumo Study)―

2018-05-27

日本整形外科学会ホームページの「一般の方へ」の内容は,インターネット上の医療情報として十分ではなく,また読みにくい

特発性大腿骨頭壊死症の自然予後を予測する因子の検討

住民検診における,ロコモティブシンドロームと呼吸機能との関連性の検討(Yakumo Study)

ロコモティブシンドローム予測因子とは? ―運動器住民検診による5年縦断研究―

寛骨臼形成不全股における変形性股関節症進行の新たなX線学的予測因子

詳細検索