今釜 史郎

共同演者

2018-05-24

多施設データからみた脊椎手術の変遷

血清シスタチンCは骨粗鬆症のバイオマーカーになりうるか ―地域住民検診における横断研究―

健常成人600名における頚椎矢状面アライメントの各種パラメーターとその関連について

腰椎変性すべり症に対する腰椎側方進入椎体間固定術を用いた間接除圧術

地域住民における血清シスタチンCとロコモ度リスクレベルの関係

地域住民検診におけるロコモテストは歩行速度およびTUGに相関する

小児脊椎手術における術中脊髄モニタリング刺激強度の検討

国立大学病院におけるクラーク業務集約化の有効性 ―整形外科医からみた医療の質向上に向けて―

ロコモティブシンドロームと体成分分析との関連

びまん性特発性骨増殖症を伴う脊椎損傷における初回診断の重要性 ―見逃し症例の検討から―

頚椎後縦靱帯骨化症の骨化形態が術後機能回復に影響を与えるか ―多変量解析をふまえた検討―

2018-05-25

LIFを用いた低侵襲手術のリスクとベネフィット

2018-05-26

頚椎症性脊髄症における手指10 秒テストと10秒足踏みテストの年代別カットオフ値 ―頚髄症454例と健常ボランティア818例の検討―

骨再生の足場となる新規自己集合体ペプチドの検証 ―家兎を使用したin vivo評価―

抗てんかん薬ゾニサミドは脊髄損傷モデルマウスの下肢運動機能を改善する

院内でのインシデントレポートによる転倒・転落事例 ―重大事象の検討―

外傷性頚髄障害と非外傷性頚髄障害における術前後症状の比較検討 ―非骨傷性頚髄損傷100例と頚椎症性脊髄症232例の手術成績―

頚椎dumb-bell型腫瘍の手術成績

脊髄腫瘍患者の術前後QOLに対するサルコペニアの影響

一般住民における肥満と脊椎変性の関連 ―BMIと体脂肪率の違いよりー

頚椎後縦靱帯骨化症(K line +)に対する椎弓形成術の術後悪化因子の検討

腰椎後方固定術後在院日数に関する因子の検討 ―NSG多施設研究―

低栄養は脊髄腫瘍患者の機能低下と関連する

一般住民における腰椎骨盤形態とロコモティブシンドロームの関連 ―Yakumo study―

5年後の筋量低下は予測可能か ―前向き縦断研究によるプレサルコペニアの検討(Yakumo Study)―

2018-05-27

脊柱変形手術の手術操作による神経障害のリスクと術中対応策の有効性の検討 ―JSSR脊髄モニタリングWG多施設前向き研究―

胸椎手術における術前麻痺と脊髄モニタリング波形導出率 ―下肢筋ごとの検討―

住民検診における,ロコモティブシンドロームと呼吸機能との関連性の検討(Yakumo Study)

ロコモティブシンドローム予測因子とは? ―運動器住民検診による5年縦断研究―

詳細検索